2013年09月16日

一貫こだわり飼育

buta.jpg当農場では子豚を買い付けて育てるのではなく、母豚が産んでくれた子豚を肉豚へと育てています。それは病気の侵入を防ぐことと、そしてやはり品質維持のためです。
日本ではよく見られるL(ランドレース種)W(大ヨークシャー種)D(デュロック種)の三元交配の品種ですが、いわゆる「サシ」と呼ばれる筋間脂肪を左右する父豚は当農場で生まれ育った中から特に骨格や肉付きの良い豚を選んでいます。
そしてストレスを与えぬよう潮の香る風と太陽の光を取り入れた豚舎でのびのび育つ豚たちには、抗生物質を一切使用しておりません。それはすなわち健康な豚の証拠であり、安心安全な食につながると考えているからです。
試行錯誤を重ね、改善すべき点の見つかる日々ではありますが、先代からの譲れぬこだわりがここにはあるのです。
【房総なるかポークとは?の最新記事】
posted by シーナ at 16:16 | 房総なるかポークとは?